亀頭包皮炎の完治にかかる期間とは?

 

亀頭包皮炎は1週間~2週間くらいの治療期間を必要とします。

 

そのため、薬を塗ったからと言って、1日や2日で治るようなものではありません。

 

亀頭包皮炎の治療期間は、自然治癒の場合、1カ月以上かかる場合もありますので、気を付ける必要があります。

 

亀頭包皮炎って、男性も人には言いにくい病気だと思いますが、しっかり治療しないと、意外に厄介な病気です。

 

女性もカンジダ膣炎に苦しめられている人がかなり多く、再発予防方法を模索している人が多いです。

 

でも、女性のカンジダの場合と、男性のカンジダでは、その感染方法が全く違います。

 

お互いに性行為を通じて感染すると言うのは共通ですが、女性の場合は、免疫力が低下していることが原因で発症することが非常に多いのです。

 

一方、男性のカンジダ性亀頭包皮炎というのは、免疫力が低下していることが原因ではなく、包茎という体質が影響していることが多いのです。

 

日本人男性は仮性包茎が多いのですが、やはり包茎じゃない人に比べて、包茎の人は亀頭包皮炎になりやすいので、注意が必要です。

 

包茎が原因で再発を繰り返している場合は、包茎手術で解決すると言う方法もあります。

 

基本的には、男性はカンジダにはなりにくい体質と言われていますので、何度もなる人は珍しい方です。

 

 

マスターベーションが亀頭包皮炎の原因!?

 

亀頭包皮炎の代表的な治療機関としては泌尿器科が有名です。

 

ただし、赤ちゃんや子供の亀頭包皮炎の場合は、治療期間を小児科に絞った方が良い場合もあります。

 

そして、亀頭包皮炎の原因は色々とありますが、マスターベーションなんか代表的な原因です。

 

マスターベーションのどこが亀頭包皮炎になるのかというと、汚い手で男性器を触ることがいけません。

 

また、マスターベーションの後にすぐにシャワーでお湯洗いが出来る人は良いですが、ティッシュだけで済ませてしまう人は要注意です。

 

精液をティッシュでふき取る場合、ベタベタとして、ティッシュがペニスについてしまうことがあります。

 

そうしたティッシュのカスをつけたまま放置していると、やはり不衛生になってしまい、亀頭包皮炎の原因になってしまうことがあります。

 

マスターベーションの後の処理についても、やっぱり不衛生な状況は避けないといけません。

 

そのため、亀頭包皮炎というのは、いかにペニスを衛生的にケアしているかどうかによってなりやすさが違ってきます。

 

いつも清潔にしている人は、滅多になりませんが、不衛生な人は亀頭包皮炎に何度もなったりするので、注意が必要です。

 

男の子が小さいうちは、お母さんがちゃんとチェックしましょう。