亀頭包皮炎はどのくらいで治る?

 

亀頭包皮炎の治療期間は、病院でしっかり治療を受ければ10日前後で完治すると言われています。

 

ただし、自然治癒に任せた場合は亀頭包皮炎の治療期間は長引く傾向があります。

 

そして、包茎男性の場合、気を付けないといけないのが亀頭包皮炎です。

 

包茎男性は、亀頭部分が包皮に覆われているため、どうしても包皮に覆われている部分に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

ちゃんと皮を剥いて、しっかり洗い流して、乾燥させている人は良いですが、雑な洗い方をしている人は、何度でも亀頭包皮炎になってしまう可能性があります。

 

包茎によって、カンジダ菌が増殖してしまい亀頭包皮炎になっている場合、最後の手段としては、包茎手術を行うっていうのも一つの方法です。

 

自分で包茎がちゃんと剥けるような状態だったら良いですが、自分で剥くのも難しいような包茎の場合、手術をしてしまったほうが、亀頭包皮炎のような悩みは解決できます。

 

包茎手術となってしまうと、かなり大掛かりになってしまいますが、最後の手段としては有効です。

 

手術まではしたくないと思うのであれば、やはり日頃からのケアが大事ですね。

 

毎日しっかりと衛生的に洗浄して、乾燥を心がければ、少なくともカンジダ性亀頭包皮炎の可能性は軽減できます。

 

 

亀頭包皮炎は治療期間が長い

 

亀頭包皮炎って治療期間が長いことで有名です。

 

特に市販薬などを使って、自己流の治療をする場合は亀頭包皮炎の治療期間は長くなりやすいです。

 

そして、亀頭包皮炎の予防策の一つと言われている包茎手術ですが、仮性包茎か真性包茎かによって、包茎手術の費用が全然違ってきます。

 

例えば、仮性包茎の場合は、どんな病院やクリニックで包茎手術を受けても、自腹になるので、どこで受けても、それほど大差ありません。

 

一方、真性包茎の場合は、泌尿器科で包茎手術を受けるのと、クリニックで包茎手術を受けるのでは、料金が何倍も違ってきます!

 

真性包茎は泌尿器科での包茎手術の場合、保険適用で2万円前後で受けることができます!

 

ところが、クリニックで包茎手術を受けると、今度は20万円近くかかってしまうのです!

 

つまり、クリニックと泌尿器科では、10倍くらい、料金が違ってくるのです。

 

そのため、真性包茎の人が包茎手術を受けるのであれば、断然泌尿器科で受けた方がお得です。

 

経済的にきつい場合は、泌尿器科での包茎手術を検討してみると良いかもしれません。

 

ただし、費用は病院によって若干違ってきますので、事前に確認しておくほうが安心できるので良いですね。