亀頭包皮炎は泌尿器科や皮膚科でもOK

 

亀頭包皮炎を診察してもらえる治療医院は、主に泌尿器科や皮膚科が多いです。

 

亀頭包皮炎の症状によって、行くべき治療医院は変わってきます。

 

そして、亀頭包皮炎の簡単な予防策として包茎手術が挙げられます。

 

実は包茎手術を高額だと思っている人がいますが、実際には誤解があります!

 

確かに包茎手術は高額になる場合もありますが、高額にならないケースもあるのです。

 

それが仮性包茎か真性包茎かの違いです。

 

仮性包茎の場合は、包茎手術を行うのはどこの病院やクリニックに行っても、100%自腹が基本。

 

ところが、真性包茎の場合は、保険対象になるため、包茎手術の専門クリニックではなく、泌尿器科の包茎手術だったら通常は3割負担で包茎手術が受けられるのです!

 

つまり、真性包茎の場合は、包茎手術が3万円前後で出来るのです。

 

一方、コンプレックスの解消の意味合いが強い、包茎手術の専門クリニックの場合は、平均的に15万円~20万円程度の費用がかかると言われています。

 

保険が適用される包茎手術と、クリニックでの包茎手術では、全く金額が異なります!

 

そのため、真性包茎の人は、包茎手術を受ける時に、かなり有利な条件で進めることが出来ますので検討してみると良いですね。

 

 

亀頭包皮炎の検査方法

 

亀頭包皮炎になるとどこの治療医院を受診しようか悩むことがあります。

 

痒みが一番強いとか、皮膚のただれの方が気になるとか、やはり状況によって全く異なりますからね。

 

亀頭包皮炎の症状によって受診する治療医院を決めても良いと思います。

 

そして、男性も女性も、性器カンジダの検査方法は、培養検査が多いですね。

 

女性の場合は、膣カンジダが多く、綿棒のようなもので、膣内をこすって、原因菌を採取するように、男性の場合も亀頭の患部をこすって、検査をすることが多いです。

 

男性の場合は、それほど培養検査をしても、痛くないですが、女性の場合は、痛みを感じる人が多いですね。

 

特に性行為の経験がない人は、膣カンジダの培養検査を辛く感じる人が非常に多いです。

 

培養検査はすぐに終わりますが、やっぱり膣内をこするのは慣れなくて痛みを感じやすいです。

 

男性も女性も、カンジダになってしまうと、まずは病院でしっかり検査をしてもらうのが大事です!

 

特に亀頭包皮炎が万が一、カンジダや細菌が原因ではなかった場合、実はクラジミアだったなんてこともあります!

 

カンジダ性亀頭包皮炎であれば、そのままでも完治の可能性はありますが、クラジミアが原因だった場合は、さすがに放置しているだけでは治りません。