亀頭包皮炎は皮膚カンジダの一種

男性の亀頭包皮炎は、皮膚カンジダの一種です。

 

そして、亀頭包皮炎を治療するためには、通常は軟膏やクリームを使用します。

 

そして、そして、風俗や出会い系で遊ぶ場合、男性はカンジダやクラジミアや梅毒などの感染を考えておかないといけません。

 

カンジダは放置していても、そのまま完治することがありますが、基本的にはクラジミアや梅毒の場合は、ちゃんと治療をしないといけません。

 

クラジミアも梅毒も、放っておいて自然に治る病気ではないからです。

 

ただし、クラジミアの場合は、他の病気で抗生物質を使用しているうちに、自然と完治してしまったというケースがあったり。

 

梅毒の場合も、症状が出ない無症候梅毒というタイプの場合は、自然治癒することがあると言われています。

 

どっちのケースも、あくまで『例外』なので、参考にしてはいけません。

 

どのクラジミアも梅毒も、放っておいたら治るというわけではないので、ちゃんと治療を受けることをおススメします。

 

特に最近、梅毒は急速に患者数が増えています。

 

その原因は、出会い系による援助交際の増加が関係していると指摘されていますので、注意は必要です。

 

カンジダくらいで済んだのであれば、それは不幸中の幸かもしれません。

 

 

男性はカンジダになったら病院へ行く方が良い

亀頭包皮炎になった場合、病院へ行こうかどうか考えてしまう人がいると思います。

 

初めてカンジダを体験する人の場合は、病院で亀頭包皮炎かどうかを、まずは検査してもらうことをおススメします。

 

というのも、自分では亀頭包皮炎だと思っていたけど、実際にはクラジミアだったとか、他の原因も考えられるからです。

 

再発の場合は、既に症状がわかっていると思いますので、自分で市販薬を購入して、治療するのも良いと思います。

 

ただし、初めての人は、本当にカンジダが原因の亀頭包皮炎かどうかを、ちゃんと医師に診断してもらう必要があります。

 

自分の勘違いで、当てずっぽうの治療をしていても、なかなか良くなりませんからね。

 

やはりちゃんとカンジダが原因だとはっきりさせることが大事です。

 

自己流の治療っていうのは、そうした勘違いがあることが最大のデメリットです。

 

医者の方が、ちゃんとした検査結果が出ますので、間違いがないのが良いですね。

 

ただ、男性の場合は、亀頭包皮炎で病院へ行っても、結局は塗り薬をもらうくらいなので、病院へ行っても特殊な治療をしてもらえるわけではありません。

 

そのため、軽症であれば、市販薬で自分で治してしまう方が、色々な意味で良い場合もあります。

 

 

 

出会い系も風俗も亀頭包皮炎の可能性はある!

カンジダ性亀頭包皮炎の治し方は、軟膏やクリームを塗るのが一般的です。

 

ただし、細菌性亀頭包皮炎の治し方は、飲み薬もあります。

 

そして、男性の中には風俗遊びや出会い系が好きな人っていますよね。

 

でも、遊び相手はちゃんと選ばないと、自分が後で大変なことになってしまいます。

 

基本的には、売れていない風俗嬢や、素人の出会い系のパートナーほど、お金が必要。

 

そのため、何でも良いから稼ぎたいと、自分の感染を知りながら、病気をまき散らしてでもお客を取ることがあります。

 

こういう悪質な風俗嬢や出会い系の素人に当たってしまうことが、一番危険です。

 

風俗も出会い系も、どっちも不特定多数の人を相手にしているのですから、病気の可能性はどっちも高いです。

 

今は高校生などが、気軽にお小遣い稼ぎで出会い系を利用する時代です。

 

高校生でも、「出会い系ははじめて」と言いながら、お金稼ぎのために、何人と相手にしている人もいますので、やはり病気持ちの可能性があります。

 

出会い系の方が、風俗とは違い、病気の人は少ないと思い込むのは間違いです。

 

素人だからこそ、病気の危機管理については甘い人が多いです。

 

素人というのが、良くも悪くも、病気対して無知な子も多いので、その分危険性もあります。