MENU

カンジタ感染後の酷い眠気の原因

 

カンジタは女性のかかる病気の中でもポピュラーなもので、5人に1人が経験している病気だといわれています。カンジタは膣内にある常在菌が、異常増殖することによって膣炎を起こし発症します。疲労や糖尿病など免疫力が低下している時に発症しやすくなっていて、妊娠をしたり抗生物質によって常在菌のバランスが崩れている時にもなりやすいです。一度かかってしまうと、少しの体の変調でも再発しやすくなる病気になっています。カンジタの症状は、外陰部に強いかゆみを感じたり、ズキズキするような痛みがでることがあり、おりものが白く濁ってヨーグルトや粥のようにドロドロとしたものに変化します。症状が現れたらすぐに産婦人科や婦人科で検査をして治療することが大切です。感染すると酷い眠気が起きることがありますが、原因としては、カンジタが産生するアルコールやその他の毒性のものを分解するために、脳機能が低下することがあるからです。また、酷い場合には、腸粘膜に菌は住み着き、穴をあけてしまうことがあり、未消化のタンパク質が流出して肝臓に負担がかかるため、脳機能が落ちることもあります。症状が悪化しないように早めに治療することが重要ですので、少しでも異変を感じたらお医者さんに相談しましょう。

 

 

 

 

 

カンジタ特効薬の値段はどれくらい?

 

女性にとって、陰部のかゆみは辛いものです。人に相談しづらい部位なので、一人悩んでいる人も多いでしょう。
特に、若い女性だったらなおさらです。だれに相談していいか、どこに行ったらいいか困っている人が大勢います。
一番は、婦人科で相談するのがベストです。詳しく診てもらえるので、早めに相談しましょう。
婦人科に行くのが恥ずかしかったら、女性医師がいる婦人科にしましょう。安心して受診できるはずです。
最近、カンジタを対象にした、軟膏のCMをご覧になったことがありますか。市販薬でも販売されるくらい、今カンジタは、多くの人が悩む病気です。もし、外陰部がかゆみで苦しんでいるようだったら、まずは、市販薬で試してみましょう。それでかゆみが治まれば、問題ありませんが、それでも、治らないようなら、他の病気の可能性があります。その際は早めに婦人科を受診しましょう。値段も、手にしやすい金額なので、若い女性でもきっと手にできるはずです。
そのままにしていると、パートナーにまで移してしまう可能性があります。不要なトラブルを避けるためにも、早めに対処しましょう。日頃から、清潔に保つことが大切で、かゆいからといってかきむしらないことが重要です。