MENU

カンジダ症を引き起こす原因

 

 

カンジダ症を引き起こす原因であるカンジダ菌は、わたしたち人間の体内に常時存在しています。
特に多い部分としては口腔内や消化管、女性の膣内などが挙げられます。
その活動は人間の免疫力によりコントロールされているため、普段カンジダ菌がわたしたちのからだに害を成すことはありません。
しかし、なんらかの要因が加わりカンジダ菌が異常増殖すると、免疫力によるコントロールが及ばなくなりカンジダ症を発症するのです。
現段階では、風邪や過度のストレスによる免疫力の低下や抗生物質の使用などがその要因として報告されています。

 

カンジダ症の中でもっとも有名なものは「膣カンジダ症」であると言えるでしょう。
「カンジダ症」の女性における発症率は非常に高く、別名「婦人病」と呼ばれることもあるほどです。「膣カンジダ症」を発症するとおりものがヨーグルト状になったり白いカスのようなものが外陰部に付着しているなどの症状が現れます。
また、強いかゆみを伴うケースも多いようです。
これらは膣内のカンジダ菌がなんらかの原因で異常増殖することによって引き起こされます。
カンジダ菌はカビ菌の一種であるため抗生物質で除去することは出来ません。
病院で処方してもらえる「膣剤」を使った治療法がもっとも効果的であると言われています。