亀頭包皮炎の原因

 

亀頭包皮炎を病院ではなく、自分で市販薬を利用して治したいと思う人は、まずネットの治療日記や口コミなどを見てみる方が良いです。

 

亀頭包皮炎の治療日記をつけている人は、基本的には市販薬で治している人がいますが。

 

口コミなんかをみてみると、「市販薬では効果がなかった」と言う人も結構見られるからです。

 

やはり市販薬っていうのは、結構個人差がありますからね。

 

効果があるっていう人もいれば、あまり効果を実感できない人もいるとおもいます。

 

やはりそういう意味では、市販薬は使ってみないと分らない部分があります。

 

市販薬を使ってみて、それでも効果がなければ、やっぱり最後は病院ですよね。

 

ただ、最初から病院へ行くことに抵抗がある人は、やっぱり市販薬を試してからでも良いと思います。

 

 

しかし、亀頭包皮炎の症状が明らかに悪くなっている場合は、市販薬の使用を止めて、すぐに病院へ行くと言う切り替えも大事です!

 

男性の場合は、亀頭包皮炎になると、やはり尿道炎の可能性もありますので、排尿痛が出てくることもあります。

 

また、亀頭包皮炎の原因がカンジダなのか、細菌性なのか、原因を突き止めることも大事ですので、やはり一度病院へ行った方が、安心は安心ですよね。

 

 

亀頭包皮炎は市販薬で治す?それとも通院?

 

亀頭包皮炎を病院で診察してもらった場合、「治療費が高いんじゃ」と心配になる人がいます。

 

しかし、亀頭包皮炎の治療費は、保険利用であればそれほど高くはありません。

 

そして、よく亀頭包皮炎の再発が多い人は、包茎手術で根本的に解決してしまったほうが良いという場合もあります。

 

だけど、包茎手術ってすごく高いイメージがあって、なかなか挑戦出来ない人もいます。

 

でも、実際に包茎手術っていうのは、仮性包茎か真性包茎かによって、全く治療費が変わってくるということを知らない人が多いです。

 

実は包茎手術というのは、真性包茎だったら、保険適用で泌尿器科で受けることができます。

 

保険適用の泌尿器科の包茎手術は、かなりお得で病院によって1万円~3万円程度受けることが出来るのです。

 

病院によって、ちょっと差がありますが、やっぱり3万円程度で包茎手術が受けられると言うのはかなりポイントが高いですね。

 

ただし、保険適用できる包茎手術は、真性包茎だけ。

 

仮性包茎の人は、保険適用できませんので、全額負担になってしまいます。

 

仮性か真性かによって、かなり料金が違ってしまいます。

 

仮性の人は、お金に余裕がないと、包茎手術は難しいかもしれませんね。