亀頭包皮炎の治し方

 

亀頭包皮炎になってから治療日記をブログでやっている人がいますよね。

 

そういう人は亀頭包皮炎を市販薬を使い、どのくらいの期間で治るかとか、感想を治療日記につけているので参考になります。

 

そして、包茎二は色々な種類がありますが、主に仮性包茎と真性包茎があります。

 

包茎だと亀頭包皮炎になりやすいのですが、仮性包茎の場合は、自分でお風呂に入った時に痛みなく包皮を剥いて洗うことが出来ますので、それほど問題ではありません。

 

衛生的に保つように、自分で頑張るだけです。

 

でも、真性包茎の場合は、仮性包茎のようにはいきません。

 

自分で包茎部分を剥こうとすると、それだけ痛みが出てしまったり、締め付けがあるので、なかなか剥けないということがあります。

 

そういう状態になってしまうと、やっぱり洗うのも一苦労で、亀頭部分を衛生的に保ちにくくなってしまいます。

 

そのため、真性包茎の場合は、包茎手術を考えても良いかもしれません。

 

これから包皮が向けないことによって、色々と不便なこともあります。

 

衛生的に保てないばかりではなく、妊活などでも問題になってくることがあります。

 

心配な人は、医師に相談してみると良いかもしれませんね。

 

妊活中は特に注意が必要です。

 

 

亀頭包皮炎には包茎手術!

 

亀頭包皮炎の治療日記をつけている人を時々ネットで見かけます。

 

亀頭包皮炎の治療日記を見ると、自分で市販薬で治している人が多いですね。

 

そして、亀頭包皮炎の原因の一つだと言われている包茎の問題は、包茎手術によって簡単に解決することができます。

 

特に真性包茎の人は、泌尿器科を使うと、非常にリーズナブルなのでおススメです。

 

包茎でも仮性包茎の場合は、保険が適用されませんが、真性包茎の場合は、保険が適用できるのです!

 

そのため、泌尿器科での包茎手術は、3万円前後の相場となっています。

 

何十万円もかかると思っていた人からしたら、相当安い金額ですよね。

 

ただし、雑誌の裏やテレビのCMでやっている『ワンランク上の男になる』っていう包茎手術の専門クリニックに関しては、保険が効かないこともあります。

 

そのため、確実に安く包茎手術を受けるのであれば、真性包茎の人は、腕の良い泌尿器科の先生を探した方が良いですね。

 

逆に泌尿器科でもクリニックでも、どっちでも自腹になってしまう仮性包茎の場合は、好みで選んでしまっても良いと思います。

 

包茎手術の実績が多いクリニックでも良いですし、泌尿器科でも良いです。

 

気になる時には、やっぱり事前に電話で連絡してみましょう。