成人男性の亀頭包皮炎は何科を受診すべき?

 

成人男性の亀頭包皮炎の治療機関は、泌尿器科が無難です。

 

他にも亀頭包皮炎を診察してくれる治療機関としては、性病科や皮膚科もあります。

 

そして、子供の亀頭包皮炎の悪化を防ぐためには、亀頭包皮炎のことを話しやすい環境が大事です。

 

年頃の男の子は、やっぱり異性の母親に全てを告白することは抵抗があります。

 

何でも話し合える関係というのが難しくなってくる時期があります。

 

それは、女性が、父親に生理の悩みを相談できないとの似ているかもしれませんね。

 

やはり男の子だったら、同性の父親の方が、圧倒的に亀頭包皮炎の悩みを相談しやすいと思います。

 

また、父親だけに話をして、母親には言って欲しくないと言うケースもあるでしょう。

 

そんな時は、子供の意見を尊重して、やっぱり「お母さんには言わないよ」という態度で接してあげる方が子供は安心します。

 

女の子だって、生理になった時に、「お父さんには言わないで」と言う子が結構います。

 

それだけに、子供が自分の性について、あんまり言いたがらない時っていうのは、打ち明けられた親は、例え夫婦で話をしたとしても、話をしていない素振りをしたり、片方の親も知らないふりをしてあげた方が、良い場合もありますね。

 

 

赤ちゃんに亀頭包皮炎は小児科へ

 

赤ちゃんが亀頭包皮炎になった場合、治療機関は小児科に行くことをおススメします。

 

成人男性の亀頭包皮炎の治療機関は泌尿器科が多いですが、赤ちゃんの場合は、やはり小児科が専門になります。

 

そして、包茎の人は、お風呂に入る時に、ちゃんと包皮で囲まれている亀頭の部分をしっかりと洗うことが重要です。

 

それが出来ないために、亀頭包皮炎になっている人はかなりいます。

 

男性の場合は、亀頭部分が普段は隠れているけど、勃起した時などに包皮がむける状態を仮性包茎、勃起しても、手で剥くこともできない包茎を真性包茎と言います。

 

多くの場合は、仮性包茎の方が多いので、気を付けていれば、亀頭包皮炎にもなりません。

 

しかし、真性包茎で、自分で手を剥くことができなかったり、勃起をしても亀頭部分が出ないとなると、深刻な問題になってきます。

 

仮性包茎の場合は、手術をするほどの深刻さはありませんが、真性包茎の場合は、包茎手術をして、亀頭部分がむけるようにした方が良い場合もあります。

 

どちらも衛生的に保たないといけませんが、やはりそれでも真性包茎の方が、仮性包茎よりも、亀頭包皮炎などの病気には気を付けた方が良いですね。

 

どっちにしても、包茎の人は要注意です。